ひらめきのたね。- 富士山を見ると気が引き締まる気がする。

Areal view of the Mt. Fuji in daylight.

再生可能エネルギーで飛行機が飛ぶようになる日が来るのかなぁ。

海を越えて山を越えて空からの景色、地上の景色を味わいたい今日この頃です。

富士山を見るとなんだか気が引き締まります。

そして、美しい。

ひらめきのたね – 朝の空と月

ささやく月

静かな山

太陽がくすぐる

つないだ手

歩いた道

あの空は

今も

これからも

あなたと
  • Scenic view of the sky over mountains in morning light. This image was taken in December 2021, Hiroshima, Japan. ©︎2021 Yuko Yamada.
  • Scenic view of the sky over mountains in morning light. This image was taken in December 2021, Hiroshima, Japan. ©︎2021 Yuko Yamada.
  • Scenic view of the sky over mountains in morning light. This image was taken in December 2021, Hiroshima, Japan. ©︎2021 Yuko Yamada.
  • Scenic view of the sky over mountains in morning light. This image was taken in December 2021, Hiroshima, Japan. ©︎2021 Yuko Yamada.

ある人の夢を見た。私にとっては夢の中でしか会えない人か。そうかそうかと、私の願望と心残りが過去の記憶に強く反映されていたような夢をなんだか微笑ましく思った。

思い煩うな

なるようにしかならんから

切に生きよ

– 釈迦

何年も前にどこかの本屋さんで見つけた本で出会った釈迦の言葉は、いつも私を励ましてくれる。

睡眠中に見る夢の内容がどうも突拍子もなくて理解できずに悶々としていた時期があったのだけれど、最近ちゃんと分析して解釈できるようになってきたので、少しは成長しているのかと思う。

選びたいことを選べる人生って素敵よね。

これからも大切にしたいことを大切にできる人生を送りたいと思った今日この頃。

朝の光景に心あらわれたある日。

写真:Yuko Yamada
カメラ:iPhone SE (第二世代)
撮影アプリ:iPhone カメラアプリ

Amazon.co.jpで整備済み品を購入する

Apple iPhone SE(第2世代) 64GB ホワイト SIMフリー (整備済み品)

リンクはこちら

2022年1月31日追記
サーチコンソールからお知らせでAMPに対応していない問題があるとのこと。おそらく、 URLスラッグが日本語のままだったので英語表記に変更したのが原因かと思います。ひとまず、細かいところも修正して、様子を見てみようと思います。キャッチ画像は、縦長だと上の部分しか表示されないので、横長の画像を編集で切り取って変更してみました。

2022年2月4日追記
AMPの問題は修正にいたらなかったため、URLスラッグを日本語に戻しました。次からは公開前に必ずチェックしようと思います。
レイアウトを少し変えました。

のぼっている、のぼっている。

Sunrise over mountains. This image was taken in November 2021, Hiroshima, Japan. ©2021 Yuko Yamada.
やんわり
ひんやり
じんわり
のぼる

ゆっくり
まったり
いったり
きたり

写真を撮りはじめたころよく撮っていたのは空だった。中学生の時、部活をやめたあとだった。空、夕空、自動販売機、家族の一員だった犬の写真。身近なものばかり。今でもあまり変わりはないのだけれど。

はじめてカメラを触ったのは3歳の時の七五三での時だった。両親に写真を撮ってもらったあと、私も撮ってあげると言ったらしい。両親を椅子に座らせ意気揚々と撮影した写真には、両親の膝もとだけが映った一枚と、ブレッブレの二人の姿が一枚。アルバムにちゃんと収まっていたその写真のその脇には、「ちゃんと撮ってよ」と母の辛口コメントが……。あの、まだ3歳ですけど?
昔から手加減がないわけだけど、おかげで、末っ子で負けず嫌いで甘ちゃんな私はここまでがんばれた。

その後もカメラには何かと縁があり、4歳か5歳の時に兄を押しやって挑戦した商店街のくじ引きでフィルムカメラが当たったこともあった。まぁ使い方もわからないままフィルム一本撮っているうちに壊してしまった のだけれど。

我が家にはじめてパソコンが来た時も、まず先にフリーズさせたのは私だったな……。

話は戻って、写真を撮りはじめた頃のこと。ミノルタのコンパクトフィルムカメラを溜めていたお小遣いで購入して撮っていた頃、母がある写真家さんの写真展に連れて行ってくれた。名前は失念してしまったけれど、作品は今でも心に残っている。ちょうど在廊しておられたときで、直接お話を聞けたことは今となっても私の人生の大きな糧となっている。フィルムの種類や選び方。粒子の細かさの違い、待つことの大切さ ーーー。

朝の光を見て思い出すこと。

私は前に進めているだろうか。

今を信じてゆっくりていねいに

歩む。