ひらめきのたね。れんしゅう – ブレっブレの手ブレ動画も編集でなんとかなる?どれだけ編集を楽しめるか実際にやってみた。

前回の投稿

Nature trail in daylight. ©2022 Yuko Yamada.
©2022 Yuko Yamada

動画の撮影の合間に欲張って写真も撮影してみました。

動画用の設定そのままで撮影したらやっぱピントゆるゆる。

同行してくれた母が歩いているあたりにちょうど光が差していて、

シダ植物の生えている傾斜の感じと光の感じが好きな一枚です。

ここから続き

そして、今回は動画も撮影してまいりました。

では、まいります。

動画撮影初心者、ミニ 三脚をグリップ代わりにして、山歩きで手持ち撮影をして参りました! まぁ撮れた動画は案の定、「手ブレ多め」と自動でタグがつくほどの動画素材になってしまったわけですが、この素材でどこまで編集を楽しめるかやってみました。 撮影した動画をなるべく全て使い、早送りしたり、効果音をつけてみたりして一つにまとめました。

カメラ情報や反省点など、動画にテロップでつけております。こちらにもメモとして残しますので、よかったら参考にしてください。

今回の編集でできるようになったこと

  • 再生速度の調整
  • 逆再生
  • テロップをつける
  • 効果音をつける
  • ロゴを加える

要確認事項(自分で調べること)

  • 動画編集ソフト内での手ぶれ補正の機能と操作方法
  • レンダリングについて

動画編集の気づき

  • 写真の編集よりはるかに楽しいかも。
  • 音楽を選ぶのが楽しい。
  • 効果音もつけられるので楽しい
  • タイミングを合わせるのが楽しい
  • 楽しすぎて、座りっぱなしになりがち
  • 適度に休憩を取るために、アラーム機能を活用したが良いかも。

撮影時の気づき・反省・改善点

手持ち撮影で移動しながらの場合、踵(かかと)が地面に着地した時の衝撃が上下の揺れとしてカメラに伝わってしまうので、上下の揺れを抑える歩き方を心得る。

  • 傍を閉める。 脇をしめる。
  • 平行移動。山歩きだと難しいけれども……。
  • 重心を下げる。
    • 膝を曲げ腰を落としての撮影。
    • ジンバルを使う場合でも上下の揺れはフォローしてくれないらしい。
  • 撮影時の手ぶれ補正はON・OFFを切り替える。
    • ONだと、パンショットが不自然。

アクションカメラ向けの撮影方法をミラーレスでやろうとしていた。Loxiaは程よくシャープでフィルム好きな人には嬉しいレンズ。固定撮影と合わせてディテールを味わう感じで手持ち撮影を活用してみようと思う。最近運動をサボっていたので、体力が落ちたらしいです。1kg程度のカメラを重いと感じ、実際、山頂まで体力が持たず、途中でカメラをカバンに納めてしまったので、体幹トレーニングを再開しようと思います。次回、簡単でもよいので撮影プランを立ててから始めたいと思います。

編集ソフト:Final Cut Pro

それでは、仕上がった動画をお楽しみください。

※大変ブレておりますので、画面を小さくするか、画面から離れてご覧くださいませ。

ブレっブレの手ブレ動画も編集でなんとかなる?どれだけ編集を楽しめるか実際にやってみた。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください