青空と月

「最近の投稿」ページを更新しました。

お知らせ

「最近の投稿」ページを更新いたしました。

「ひらめきのたね。」「食卓、おかわり。」の投稿に加えて、このページからインスタグラムの最新投稿やツイッターの投稿も一部ご覧いただくことができるようになりました。

ブックマークやリーディングリスト、スマートホンからですと、今ご覧のページを「ホーム画面に追加」しておくと時間の節約になります。どうぞご活用くださいませ。

豆乳で作るクリーミーなおじや

消化の良い食べ物といえば、おかゆ。温かいお粥は体も温まりますね。野菜や卵を加えておじやというのが私の定番です。朝作業をして、朝ご飯を食べるのがだいたい10時くらい。そのタイミングをスキップするとだいたい一食目が昼食なのですが、そういう時は栄養も摂れてお腹にもやさしいおじやをつくります。同じような料理を雑炊(ぞうすい)とも呼びますが、この「おじや」という言葉、先ほど調べたらどうやらスペイン語の「olla (オジャ)」に由来する説もあるのだとか。これまでの私は、米の形が残っているのが「ぞうすい」、米の形が崩れておかゆのようになっているのが「おじや」という理解だったので、とても新鮮な発見でした。どちらにしても、おじやが好きです。

それはさておき、おじやの作り方を共有しておきます。

材料 (ひとり分)

  • 水・・・350ml
  • 出汁・・・50ml
  • 塩・・・ひとつまみ弱
  • 玉ねぎ・・・少し
  • 人参・・・少し
  • きのこ類(えのき・まいたけ・ぶなしめじ etc.)
  • 残り物のご飯・・・一膳
  • 卵・・・ひとつ
  • 豆乳・・・50ml (濃い目の豆乳がおすすめです)
  • どんぶりまたは大きなお椀
  • ごま、こしょう、しょうゆ、薬味をお好みで

作り方

  1. きのこ類をほぐす。玉ねぎは薄切りに、人参は2、3回薄く輪切りして細く切る。
  2. 鍋に出汁と水・塩を入れ、1.のきのこと野菜を加えて火にかける。
  3. 野菜が煮えたら、残り物のご飯を加えます。
  4. 弱火でフツフツと煮ます。
  5. 煮ているあいだに、ボウルに卵をといて豆乳を混ぜ合わせておきます。
  6. お米の形がくずれてきたら火を止め、5.でといた卵を流し入れて混ぜ合わせます。
  7. どんぶりに移して、ごまやこしょうをお好みで加えます。
  8. できあがり

基本はこんな感じで、塩のかわりに白味噌(みそ)を使えば香りとコクが出ますし、もう少し香りがほしいなと思えばいただくときにお醤油(しょうゆ)を加えたりもします。細かくきざんだ小ネギをちらしてもいいですね。出汁は、前日の鍋で余ったスープを使ったり、自家製の野菜だしや昆布出汁を使っています。

写真のおじやは、鮭(さけ)の切り身が入っていますが、この時はご飯を加えた後に思いつきで加えました。学生時代、卒業旅行で韓国のソウルでいただいたお粥屋さんの味とスタイルがベースになっているように思います。

どうぞ温かくしてお過ごしくださいませ。

やんわり
ひんやり
じんわり
のぼる

ゆっくり
まったり
いったり
きたり

写真を撮りはじめたころよく撮っていたのは空だった。中学生の時、部活をやめたあとだった。空、夕空、自動販売機、家族の一員だった犬の写真。身近なものばかり。今でもあまり変わりはないのだけれど。

はじめてカメラを触ったのは3歳の時の七五三での時だった。両親に写真を撮ってもらったあと、私も撮ってあげると言ったらしい。両親を椅子に座らせ意気揚々と撮影した写真には、両親の膝もとだけが映った一枚と、ブレッブレの二人の姿が一枚。アルバムにちゃんと収まっていたその写真のその脇には、「ちゃんと撮ってよ」と母の辛口コメントが……。あの、まだ3歳ですけど?
昔から手加減がないわけだけど、おかげで、末っ子で負けず嫌いで甘ちゃんな私はここまでがんばれた。

その後もカメラには何かと縁があり、4歳か5歳の時に兄を押しやって挑戦した商店街のくじ引きでフィルムカメラが当たったこともあった。まぁ使い方もわからないままフィルム一本撮っているうちに壊してしまった のだけれど。

我が家にはじめてパソコンが来た時も、まず先にフリーズさせたのは私だったな……。

話は戻って、写真を撮りはじめた頃のこと。ミノルタのコンパクトフィルムカメラを溜めていたお小遣いで購入して撮っていた頃、母がある写真家さんの写真展に連れて行ってくれた。名前は失念してしまったけれど、作品は今でも心に残っている。ちょうど在廊しておられたときで、直接お話を聞けたことは今となっても私の人生の大きな糧となっている。フィルムの種類や選び方。粒子の細かさの違い、待つことの大切さ ーーー。

朝の光を見て思い出すこと。

私は前に進めているだろうか。

今を信じてゆっくりていねいに

歩む。

1/400秒 f/8.0 ISO100

カメラ:SONY α 7II
レンズ:ZEISS loxia 2/35
現像ソフト:Adobe LrC

聴こえる

山と川
空と雲

風の通り道

町の音
水の音

広島県広島市太田川沿いの景色。自然風景のなかにビルや建物などの人工物がある時は、建物もまっすぐ見えていてほしい。でもまぁ撮影した時の角度もあるので、無理は言えないこともある。どちらを選ぶのか、どちらも選べたらいいと思う今日この頃。

1/400秒 f/8.0 ISO100

カメラ:SONY α 7II
レンズ:ZEISS loxia 2/35
現像ソフト:Adobe LrC

生姜シロップでぽっかぽか

広葉樹色づき、舞い落ちる秋。下を向いても秋。色とりどりの葉は落ちてもなお、私たちの目を楽しませてくれます。気温もすっかり下がり、冬本番がやってきますね。皆さまいかがお過ごしでしょうか。

タイトルのとおり、今回は生姜(しょうが)シロップについての記事でございます。ジンジャーシロップとも言いますね。英語ではGinger Syrup。なかでも今回は、Stem ginger(ステムジンジャー)いわゆる生姜のシロップ漬けのレシピを知りたいとのお声をいただきましたので、共有したいと思います。スライスした生姜で作る方法もありますが、ひとかけずつに分けた生姜でつくります。作り方はとってもかんたん。多少日数はかかりますが、あまり手はかかりません。分量は、目安です。お好みに合わせて足したり引いたりしてくださいませ。

材料

  • 生姜 500g
  • 砂糖 (マスコバド糖/てんさい糖/きび砂糖/氷砂糖のいずれか)500g弱
  • ハチミツ 大さじ1
  • 煮沸消毒したガラス容器

作り方(所要日数:3日)

  1. 一晩、生姜を冷凍庫で凍らせる。
  2. 翌日、冷凍庫から出して解凍する。
  3. しっかり溶けたら、外皮が離れてくるので、水またはぬるま湯で洗いながらはずしていく。
  4. 皮を外したら、生姜を一口大くらいの大きさに切る。
  5. 鍋に生姜を入れて、ひたひたになるくらいの水を入れ1〜2時間ゆっくり煮る。
  6. 煮汁はボウルに、生姜はザルにあげる。
  7. 煮汁を鍋に戻して火にかけ、2回に分けて砂糖を入れてよく溶かす。
  8. 沸とうしたら、しょうがを戻し入れ15分ほど煮る。この時ハチミツも加える。
  9. ガラス容器に移しフタをして冷ます。
  10. 生姜シロップのできあがり

1〜4 (冷凍・解凍・下ごしらえ)
袋入り徳用しょうがを仕入れて、袋ごと冷凍庫に入れます。土がついたままでも、解凍したあとに水で洗いながら皮を外していくので大丈夫です。しょうがの大きさにもよりますが、うずらの卵くらいの大きさ(3〜4cm角)に切っておくと何かと使いやすいかと思います。薄く切ってシロップと一緒に飲み物に加えたり、細かく切ってヨーグルトやカレーなど、色々楽しめます。

5〜9(しょうがを煮る・シロップをつくる)

鍋に生姜を入れたら、強火にします。水量は鍋の大きさ生姜の量に合わせて調整してください。グツグツと沸騰してきたら、弱火でゆっくり1時間から2時間ほど煮込みます。生姜の繊維がやわらかくなり甘味が染み込みやすくなります。

しっかり煮込んでやわらかくなったら、煮汁としょうがを一度分け、まず先に煮汁でシロップを作ってください。砂糖の種類・分量はお好みで調整してください。私はミネラル分や蜜を含んだお砂糖が好きなので、マスコバド糖やてんさい糖を使うことが多いです。さらに甘味を出したいときは、氷砂糖を使っています。お砂糖は、煮汁が沸とうする前に入れてよく溶かし、沸とうしてからはシロップを混ぜないようにするのがコツです。

シロップを煮詰めたら、煮込んだしょうがを戻し入れます。この時ハチミツを大さじ1ほど加えてみてください。ちょっとしたマジックが起きるかも?私も今年はじめて試しに加えてみただけなので、ハチミツを入れたからそうなったという確信はありませんが、生姜がよりやわらかくなって、中心までシロップが染み込んでいるように感じました。

10〜11(容器にうつして冷ます・できあがり)

容器の煮沸(しゃふつ)方法も念のため紹介しておきます。

鍋に湯を沸かし、酢を少しだけ(水1ℓに対して小さじ1くらい)加えます。沸とうした湯に耐熱容器を入れ、ビンは5分、フタは3分ほど煮沸消毒します。今回は、大きめのガラス瓶(容量1ℓ)ひとつで十分の量でした。

容器にうつして蓋をしゆっくり冷ましたらジンジャーシロップのできあがりです。

体の内側からあたためて免疫力アップ、冬でもあったか。

心も体もぽっかぽかの冬を過ごせますように。

※学習目的のため、筆者自身が読みづらいと思っている漢字や筆記が難しいと思う漢字には、(ふりがな)を付けています。

朝のあいさつ
かわして
鳩のつがい
どちらへ

 いずれも露出を-1から-2で撮影してデジタル現像するときに露出とシャドウを上げました。三脚とフィルターを使ってゆっくり撮影できるならば、画質も保てるのでその方がよいですが。印刷しようとか思うとこだわってしまうところ。スナップ写真だからもっと気楽にと思いつつ、色々よくばってしまうのです。

 それにしても、おさんぽに出ると必ずと言っていいほど鳩のつがいに出会いますが、なぜか逃げない。そして、しっかり観察させてくれる。私の横をすれ違うように横切って飛んでいく鳩さんよ。この間は、私を追い越し、松の木の枝に留まり、私が通り過ぎていくのを見守ってくれました。

いったい、どうして。不思議なことよ。

1/400秒 f/8.0 ISO100

カメラ:SONY α 7II
レンズ:ZEISS loxia 2/35
現像ソフト:Adobe LrC

朝日を背景に光るススキの穂。広島県広島市、2021年11月撮影。©2021 Yuko Yamada.
朝日を浴びるススキの穂

カメラ:SONY α7II
レンズ:ZEISS loxia 2/35
編集ソフト:Adobe LrC

見たままを伝えたいと欲張ってしまいLrCでシャドウを上げてみた。loxiaは暗部のディテールもけっこう拾ってくれるのでそのままでも良いかなと思ったのだけれど。

一瞬で理解できるものとじっとみているとだんだん見えてくるようなもの。
朝はやっぱりゆっくり目覚めたい。

ハイライトはもう少し戻した方が自然かな。

朝のさんぽから一枚。

休日を味わう。マトンカレー

マトンなのかラムなのか
チョップはラム
マトンはジンギスカン
一体どうしてカタカナなのか
よくわかんないね
おいしいね

 今日は金曜日。マトンが手に入ったのでカレーを仕込む。大鍋で細切りした玉ねぎを炒め、塩を加え、また炒める。玉ねぎがクッタリしてキツネ色になるまで炒めてみる。いつも気分次第。とはいえ、料理はタイミングがすべて。素材の音を聞きながら色を見ながら火を調節して次の材料を加えていく。マトンを調理するのにオリーブオイルを使うのか、米油を使うのか、ここはあえてのグレープシードオイルなのか、毎回その日の体調と気分に合わせて組み合わせを変えていく。一緒に入れる野菜は何にしようか、秋はやっぱりさつまいも、かぼちゃかな?ミックスビーンズ、にんじんも入れよう。

 まぁ色々考えながら単純なことをやっているのだけれど、単純そうに見えても実は色々複雑なのが料理であり日常。そんなことを考えながら、金曜日の昼下がりからカレーを仕込んでコトコト煮込み、休日はまったりするのがけっこう好き。

こんにちは、Solotabienへようこそ!

こんにちは、ブログSolotabien(そろたびえん)の管理人、adamayokuy(アダマイオクイ)です。noteにてつぶやきを100日つづけているうちに、ワードプレスにも手が伸びまして、ブログを始める運びとなりました。

本当は、異空間カフェ的なくつろぎのスペースを提供するサービスを考えていたのですが、今の私にはちょっと敷居が高かったようで……。多分このままだと誰にも公開しないまま終わってしまうなという結論に達しましたので、まずは今、できるところから、はじめていきたいと思います。

そのうち色々変わるかもしれません、そのままかもしれません。どちらにしても、つづけていきたいと思いますので、どうぞお付き合いくださいませ。

さて、基本メニューご紹介いたします。

Solotabienサービスメニュー

  • ひらめきのたね。
  • 食卓、おかわり。

小さな気づきがひらめきにつながりますように、自分をたいせつにする食生活で人生100年時代を楽しめますようにという願いを込め、それぞれ「ひらめきのたね。」「食卓、おかわり。」というカテゴリ名にしました。今のところは日常生活に即した内容になるかと思います。将来的には旅先からもお届けするのが目標です。

詳しくは、HOMEに掲載しておりますので、そちらをご覧くださいませ。

ひとまず、こんな感じで進めてまいりたいと思います。

よろしくお願いします。

管理人 adamayokuy

adamayokuyって誰なん?

adamayokuyの詳細につきましては、画面上方の「ADAMAYOKUY」もしくは下記のリンクからご覧くださいませ。

adamayokuyポートフォリオ (https://adamayokuy.com/about)

A person walking on a nature trail in daylight. ©Yuko Yamada